【ファン歓喜!?】映画ドラゴンクエストを観た感想

【ファン歓喜!?】映画ドラゴンクエストを観た感想



皆さんこんにちは。ブロジニアです。

普段はメーカーでエンジニアとして働いているサラリーマンです。趣味でブログを書いており、僕が体験したこと・得たことを当ブログを通して、皆さんにお届けしていきたいと思います。

最初に

2019年8月、幅広い年齢層に絶大なる人気を誇るあのゲーム「ドラゴンクエスト」が映画になったということで、ドラクエファンである僕はうずうずした気持ちをまき散らしながら早速観てきました。

今回はその個人的レビューを記しますので、興味がある方はぜひ最後まで読んで頂けると嬉しいです。

映画を観た感想

結論から述べると、ドラクエ5をプレイしたことがある人には絶対に見て欲しい映画です。ゲーム内での名場面がしっかり表現されており、先の展開を知っているからこそ、どういった演出で盛り上げてくれるのか期待で胸が熱くなること間違いなしです。

逆にドラクエっていうゲームがあることは知ってるけど中身は知らないっていう人は、展開が早いためストーリーについて深く考える前に置いていかれる印象が強く、2000円弱のお金を払って見る価値があるかというと…って感じです。

ストーリーについて

「散らかった魔女の机」の写真

この映画は、ドラゴンクエストの中でも特に人気の高いドラクエ5を題材にしています。ドラクエ5といえば、幼少期に父親とともに魔物に連れ去られた母親を探すところから始まり、旅の途中で父親を殺され敵に捕まり奴隷生活。その奴隷時代を経て、素敵な女性と結婚し子供が生まれ、そして自分の子供・妻と一緒にラスボス 魔王ミルドラースを討つ旅をするという、親子3世代に渡る長大重厚なストーリーが特徴です。

ゲームではクリアするのに50時間くらいかかるこの内容盛りだくさんのストーリーを、上映時間1時間40分程度に収めるにはなかなか難しく、駆け足で描写されているところも多かったです。

ただし、重要な場面はしっかり残されており、ファンでなくても熱い気持ちがこみ上げてくるところは随所に散りばめられていました。

特に自分の子供と再会する場面においては、子供が映画を観たいと言うから仕方なく観に来た、というドラクエを知らないお母さん方もきっとうるっとしてしまうでしょう。

ラストシーンは映画オリジナルの展開となり、ファンからは賛否両論となるような内容でした。そして観終わった後の観客の声は一様に「ミルドラース」で染まっており、「ゲマ」についての感想は聞こえず。ゲマさんあんなに悪役として頑張っていたのに…

とまぁ最後は賛否分かれるという印象が強かった映画ですが、ドラクエ5をプレイしていた世代には懐かしく感じる場面も多く、僕は大変楽しめた映画でした。

ファンにはたまらない要素多数

この映画では、ドラクエ経験者なら思わず鳥肌が立ってしまうような興奮する場面がいくつも用意されています。その中でも僕が特に興奮したところをいくつかご紹介します。

BGM これぞドラクエ

皆さん、ドラクエといったら一番最初に何を連想しますか?

スライム?勇者?もしくはパプパフ?

どれもドラクエには必要不可欠な要素ですが、何と言ってもドラクエを盛り上げてくれるのはBGMの影響が大きいでしょう。

映画館では音響設備のおかげで、なつかしのあの曲が大迫力で耳に届きます。特に誰もが一度は聞いたことがある、ドラクエといったらおなじみのテーマ曲「序曲」を聞いた瞬間に僕は震えました。

花嫁問題 どちらを選ぶ!? 

「手すりに置かれた花束」の写真

ドラクエ5の代名詞といって過言ではない永遠のテーマ。そう、ビアンカとフローラどちらと結婚するか問題。

ドラクエ5プレイ経験者なら誰しもがぶち当たる究極の選択。人生の伴侶を選ぶイベントに1日悩むのはザラで、どちらとも選べないで迷った挙句、フローラのお父さんに愛を告げてしまう人も多数いるとか。

それくらいプレイヤーにとって悩ましいイベントが、映画ではどのような描かれ方をするのか!?主人公はどちらと結婚をするのか。映画を観た方だけがそのストーリーを知ることができます。

ちなみにゲームでは僕はフローラを選びました。だって確か最初から強い呪文が使えて、20,000Gくらい貰えるんだもん( ^ω^ )

レベル上げにはやっぱりあいつ

大量に経験値がもらえるあのカッチカチな奴が登場します。特に重要な場面で出るわけではないのですが、やはりメタル系が出てくると必死になって追ってしまいますよね。どのメタル系が出るかは映画を観てのお楽しみで。

点数をつけるなら

僕は映画に点数をつけるに当たって、めちゃくちゃ個人的な感想のもと、以下の基準で5点満点で点数をつけています。

★☆☆☆☆:全く面白くない。時間とお金の無駄。

★★☆☆☆:時間に余裕があって、タダなら見るかな。

★★★☆☆:内容は楽しめるため、映画料金が割引されるなら見る。

★★★★☆:内容は十分面白く、割引料金でなくても見たい。

★★★★★:誰が観ても楽しめる内容。続編が待ち遠しい。

そして今回点数をつけるなら、

ドラクエファンとしての観点なら★★★★★ 5/5点

ドラクエファンでない観点では★★★☆☆ 3/5点ですね。

やはり今回の映画はファン向けに作られている印象が強く、ドラクエ世代にはドンピシャで楽しめるのではないかと思います。

まとめ

今作はファンなら興奮すること間違いなし。映像だけでなく音楽も素晴らしい映画です。観る価値十分なので是非、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

最後に

夏休み中の公開ということもあって、子供連れで観に来ているお客さんが多かったように見受けられました。この映画のタイトル「ドラゴンクエスト YOUR STORY」というのは、要はドラクエ世代のお父さんお母さんが子供を引き連れて映画という名の冒険に繰り出していたということなのかもしれないですね。

以上



映画カテゴリの最新記事