【エアマックス720 BETRUE 2019】サイズ感&履き心地を評価

【エアマックス720 BETRUE 2019】サイズ感&履き心地を評価

こんにちは。サラリーマンブロガーのブロジニアです。

今回はナイキ BETRUEコレクションの中の最新作「エアマックス720 BETRUE 2019」について、そのサイズ感&履き心地や見た目、おすすめのコーデを紹介したいと思います。

エアマックスシリーズの最新作ということもあり、まだ試したことがないという人もいるかと思いますが、そういう人たちの参考になればと思います。

【最初に】

ナイキといえばエアマックス狩りを連想する人も多いのではないでしょうか。この言葉が流行語になるくらい社会現象を引き起こしたエアマックスですが、今回はその最新作であるエアマックス720がいかに素晴らしいかについて述べます。

まるで雲の上を歩いているかのような履き心地と言われることが多いエアマックス720ですが、実際にはどうなのか。エアマックス720 BETRUE 2019で試してみました。

【履き心地イメージ】

このエアマックス720、履き心地の例としてよく取り上げられるのが、雲の上を歩いているようだというものですが、雲の上というよりは体育マットとバランスボールを足して2で割ったような感覚です。フワフワというよりはバインバインという表現が適しているかと。

イメージ的には体育マットの下にバランスボールがあって、その上を歩いているような感じ。要は適度な沈み込みによる衝撃吸収性(体育マット)とゴムのような反発性(バランスボール)を兼ね備えた一足であるということです。

【歩いてみた感想】

僕は長距離歩くお出かけ時はほとんどエアマックス720を履きます。そんなエアマックス720を履いて歩いた感想は、感動するほど素晴らしいということです。もっと歩きたいと思わせるような魅力がこのスニーカーにはあります。

まず、エアマックス720はエアバッグからの反発力によって蹴り出しが軽く、かかと着地の際にはエアバッグが押し潰されて膝への衝撃を逃すという、歩いていてとても楽なスニーカーです。

そしてエアバッグが縦だけでなく横にも張っているため、立っているときにぐらつくことはなくしっかりとした安定感があります。そのため長時間立ちっぱなしでいても疲れにくいです。

さらに小走りするとエアバッグからの反発によってブーストがかかり、まるで靴底にバネが付いているかのごとくかなり速く走れます。もうこれが楽しいのなんのって。

心地よくクセになるクッションニングによって快適な時間を送れること間違いなし!?

【サイズ感は?】

僕の足は今まで履いてきた靴から判断するに、日本人の典型的な足型に近いと思われます。その僕がこのエアマックス720を履いたときのサイズ感は下記の通りです。

横幅はナイキらしく狭めに作られています。僕のジャストサイズは26cmですが、エアマックス720は26.5cmでちょうど良いサイズ。小指がギリ当たらないくらいの隙間です。

甲の圧迫は特に感じることはなく、スカスカでもないちょうどフィットするようなサイズ感。足の状態によってはちょっとキツく感じることもあるかなという感じ。そんな時には靴紐を緩めて対応しています。

【見た目は?】

レインボーカラーだけあってとても派手。一つ一つの色はビビットで主張が強いですが、全体で見るとシュータンや補強パーツの黒色のおかげもあって非常にバランスよくまとまっています。爪先からかかとまでグラデーションがかかっており、色鮮やかでスポーティな印象が強いです。

また、38mmのエアバッグの存在感も凄まじく、かかとからの見た目は他の靴にはない独特のフォルムで目立ちます。

【コーディネートはどうする?】

靴自体が派手なので服はシンプルにしてまとめるのが良さそうです。僕は「白 Tシャツ」+「黒パン」のシンプルコーデに、ワンポイントで目立たす方向で活用しています。

「黒Tシャツ」+「黒パン」に合わせると、より靴が目立つのでスポーツコーデが好きな人はこの組み合わせもありかもしれません。

【まとめ】

ド派手で最先端な見た目のエアマックス720 BETRUE 2019。長時間の歩行でも疲れにくく歩きやすいスニーカー。履き心地は抜群に良く、コーデによってはカジュアルにもスポーティにも合わせることが出来る一足です。

【最後に】

エアマックス720 BETRUE 2019、この夏のヘビロテ決定しました。

以上

スニーカーカテゴリの最新記事